夢を現実に

薬剤師という仕事を知ったのは中学生の頃にインフルエンザから肺炎を引き起こしてしまい入院した時でした。処方されるお薬を薬剤師さんが持ってきてくれて説明をしてくれました。私自身は何をすることも出来ず、食べて寝て、唯一薬をきちんと飲むことしか出来なかったので、完治してからは薬の凄さと薬剤師さんの存在の大きさに気付きました。

病気や怪我で不安な人達を薬の力を通して元気付けたり励ましたりできるお仕事に興味を持ち、進学しました。就職の際は学校にも求人は寄せられていますが、自分でも調べられるリクナビ薬剤師を利用したりして、より多くの方々に関われる職場を探しました。そして、一般病院に勤務しはじめて、改めて薬剤師という仕事の大切さ、暖かさを学びました。

一般病院で新卒薬剤師として働き始めた頃はもちろん病院のシステムに慣れるまではどうしてもバタバタしてしまったり戸惑いも多かったです。でも、そんな業務も患者様の笑顔があったからこそ乗り越えられました。お薬の説明に行き、いろいろとお話をしているうちに患者様の事が分かるようになりより、メンタル的なケアもできるようになってきました。数年が経ち、少しずつ仕事も出きるようになってきたので、ステップアップをしたいと思い始めました。

今までは入院患者様ばかりで殆ど同じ方々へのお薬の処方でしたが、民間の薬局などであれば外来患者様への処方になり、よりスキルと対応力が必要になるだろうと転職を決めました。その際には地域の募集欄やリクナビ薬剤師を利用して探し、無事民間の薬局で薬剤師として働くことが出来ています。大変なことも多いですが、患者様とのコミュニケーションを大切にしながら関われるのでとてもやりがいを感じています。